関節拘縮のマッサージ

脳梗塞の後遺症や、長期間寝たきりなどになりますと関節拘縮が起こることが少なくありません。

拘縮とは各関節が他動的にも自動的にも可動域制限を起こす状態です。

一般的には、関節包と関節包外の関節の構成体である軟部組織の変化によって起こる、関節運動の制限を拘縮と呼んでいます。

 

このような関節拘縮が起きますと、服を着替えたり食事をしたりなど、生活の全てに支障がでます。

もちろん介護する側にも負担がかかります。

 

訪問マッサージでは、このような関節拘縮の緩和・軽減を目的としてマッサージと運動法を行います。

ゆっくりと拘縮部位をマッサージし、ご本人の痛みに十分留意しながらゆっくりと関節を動かしていきます。

また、拘縮している部位のみではなく、全ての関節をゆっくりとマッサージ・運動することによりご本人の負担を少なく可動域訓練を行うことができます。

 

無料体験でも関節運動をお試しいただけますので、少しでもお困りでしたらまずはご相談ください。

 

 

横浜市緑区白山4-61-8

鶴亀堂治療院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です